読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

譲治の華麗なる世界

大学受験・医学部の日常・趣味について書いてます

【受験】合格体験記を読む意味、最大限に活かして成績を伸ばす方法

f:id:the_white_room:20170406163907j:plain

こんにちは、譲治です。これは昔のブログで書いていた記事です

実は以前、大学受験についてのブログを書いていました。もう、そのブログは削除したのですが、せっかくなので再掲したいと思います。この記事は高校生対象です

テーマは、

大学受験の合格体験記について

さて、本題の合格体験記ですが、皆さんは大学受験の合格体験記を読んだことがありますか?合格体験記はいわゆる、合格した先輩からのメッセージですよね

塾や予備校のホームページに合格実績として載せてるもの

複数人の合格体験記をまとめて書籍として販売してるもの

高校の卒業した先輩が書いたもの

を教師が直接渡すなど、読む機会が非常に多くあります

合格体験記を読むメリットとして考えられるのは、おおよそ4つあります

  1. ライバルの受験生よりも、先に情報を手に入れることができる
  2. 早期に受験を意識して、対策を始めることができる
  3. 勉強法や、おすすめ参考書を知ることができる
  4. 地方の公立高校の学生と、都会の私立中高一貫校の学生のギャップを埋めることができる

上記メリットのため、読む意味はあると思います(まだまだ他にもメリットはあるかもしれません)

①ライバルの受験生よりも、先に情報を手に入れることができる

全国には、自分のライバルとなる受験生が数知れずいます

その人たちに差をつけて勝つためには、有利な情報を手に入れなければなりません

合格体験記には、実際に大学に受けたことのある人にしか分からない、現役高校生には知り得ないことが書いてあります

これを有効活用しない手はありません

②早期に受験を意識して、対策を始めることができる

合格体験記を読むことにより、合格者の受験生活を追体験することができます。そのため、早期に受験を意識することが可能です

受験に向けて早くスタートを切る、いいキッカケとなるでしょう

③勉強法や、おすすめ参考書を知ることができる

今実践している勉強法や、使っている参考書が果たして有効なのか、確認することができます

また、合格者と同じ参考書を使えば、安心して勉強に望むことができるでしょう

④地方の公立高校の学生と、都会の私立中高一貫校の学生のギャップを埋めることができる

公立高校に通っている生徒にとって、中高一貫校に通っている生徒は脅威です

時間的な不利が前提としてありますから、どうすれば追い付くことができるのか、考える助けになるでしょう。ここまでメリットを書き連ねました、次は注意点です

スポンサーリンク

 

ただ、読む際には注意してほしいことがあります

地頭がいい人が合格体験記を書いている場合

よく合格体験記で、「○○は勉強しなくても点数がとれる」とか、「自分は一日に2時間程度しか勉強していなかった」などという文を見かけることはありませんか?

こういった類の合格体験記を読むのは、非常に危険だと思います

地頭がいい人の勉強法を、一般人が鵜呑みにすると、絶対に失敗します

念頭においてほしいのは「自分は自分、他人は他人」ということです

この人はこういうやり方をしてたみたいだけど、果たして自分には適用できるか?もっと効率の良い方法はないのか?

ということを考える癖をつけてください。これができれば大丈夫です

僕が合格体験記を読むたび、いつもこのような文を書く合格者がいました

「そんなわけないでしょ・・・」と思いながら読んでいましたが、中には真に受けてしまう人もいるかと思います

合格者が人を騙そうとする魂胆があるとは思えませんが、あまりにも脚色した内容の文章を後輩に公開するのはどうかなぁと思います

そもそも高校の方針が違う場合

皆さんも知っているかもしれませんが、高校によってカリキュラムは異なりますよね?

一応、高校は国が定めた内容を生徒に履修させることが義務となっていますが、たとえ同じことを教えるにしても、中高一貫校では普通の高校よりも1年早く学習が進められています

中高一貫校には、教科書を無視して、その高校独自のオリジナルテキストを使って授業しているところもあるようです

ですから、中高一貫校と普通制の高校は、根本的に学習するペースが異なります
普通制の生徒が、中高一貫の生徒の合格体験記の通りに勉強しても絶対にうまくいきません。逆も然りです。

もちろん、公立の生徒が焦る気持ちは分かります

ですが、今自分が何をしなければいけないかを確認し、自分にできることから始めればいいのではないかと思います

また、「高校の授業を受けるだけで大学受験は大丈夫だ」と体験記に書かれていたとしても、高校によって授業の質は異なりますから一概には言えませんよね。先生によっても当たり外れがあるでしょう

言い方が悪いですが、自分にとって使えそうな先生の授業のみ真面目に受けるのも一つの手だと思います

繰り返すようですが自分は自分、他人は他人です。合格者の全てを取り入れるのではなく、必要な部分のみを真似してください

結果が出なければ、やりかたを変えれば良いのです。いろんな方法を参考にして、試行錯誤してくださいね

以上です、ありがとうございました!

↑このシリーズはとても面白い

天才たちの頭の中が覗ける