読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

譲治の華麗なる世界

大学受験・医学部の日常・趣味について書いてます

【英語】医師にとって役に立つ!入学後も英語を勉強をしなければならない理由。

こんにちは、譲治です
今回は医学生、医師にとっての「英語」について書きたいと思います

医師の英語

多くの医学部では数学、英語、理科を二次試験に課しています。この中で医師として将来、最も使う機会のある科目は間違いなく「英語」です

他の科目が、医師になる上で役に立たないとは思いません

ですが、例えば論文を読んだり、論文を書いたりするには英語が必要です
よって、英語がこれらの科目の中で最重要であることは間違いないです

ここまで偉そうに書きました。だけど僕、実は英語が全然得意じゃないんです(>_<)
単語は、ほとんど忘れてしまっているし、読解力も相当落ちているはずなので…

僕の高校時代

センター試験はもちろん、一応医学部医学科の二次試験の科目には「英語」が必須でした

高校時代には、参考書を使って熱心に勉強していました
使った参考書については、いつか紹介できたらと考えています
参考書を使って、それなりに勉強したら何となく学力がつきました

入試の成績は奮わなかったけど、一応大学には入ることができました
僕にとって、英語の勉強は大学受験における通過点という認識でした

英語を将来どんな風に役立てるか考えずに、何となく受験の道具として捉えていました
スポンサーリンク



医学部に入ってから

英語の授業は医学部に入ってからも存在します。僕の通っている大学は一年間、授業がありました

高校時代に十分勉強したので、もう英語の勉強をしたくないという気持ちが少しありました

「医学部の勉強は暗記がメインだから、英語なんてやらなくていいじゃん」という乱暴な気持ちも、ありました

今思うと、もう少し真面目にやっておけば良かったです。授業は二割ぐらいサボってしまいましたせっかく出席した授業でも、他の科目の勉強を内職してしまいました

自分だけでなく他にも、そのような学生がいました。だから、あまり後ろめたさは感じませんでした

皆が積極的に授業に参加しないから、先生が困った表情をしていたのを今でも覚えています
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです

大学の英語は出席もテストも緩かったので、適当にやって終了してしまいました
いくら英語が嫌でも、真面目にやるべきでしたね。せっかく大学に学費も納めているのですから。

これからの目標

今現在は英語を頑張ろう、という気持ちがあります
英語は、海外の人とコミュニケーションするには必須だからです
英語しか喋れない患者さんを診る必要性は、ゼロとは言えませんし

四月からは頑張ろうと思います
医学部の奇数学年は、偶数学年に比べて比較的楽だと言われてます。だから英語の勉強に少しは時間が割けると思います

どうやって勉強したらいいのかなぁ。まずは高校時代に使っていた単語帳を復習しようと考えてます☺

以上です、ありがとうございました!

↑大学入学前に購入したのに、使っていない単語帳
時間あるとき再挑戦したい